借金生活にさようなら!任意整理の教科書

これだけは抑えたい!債務整理の基礎知識

債務整理と言う言葉は聞いたことがあっても実際にどのような事を債務整理と言うのか理解していない人も少なくありません。債務整理とは、借金から解放してくれるものです。

 

法律に則って行われる借金問題の解決方法の事を言います。借りたお金をきちんと返すことはもちろん当然の事なのですが、どうにもならないようになった時は法的に借金を一度見直して無理のない再生方法を考える事も大切です。債務整理には種類がいくつかあり、「任意整理」「民事再生」「自己破産」などそれぞれあります。どの方法を採用するかはそれぞれの借金によっても変わってきますので、調べたり専門家に相談してみる事が大切ですね。専門家と言うのは、弁護士などになりますが、これもしっかりと調べて、借金問題に詳しい弁護士を知る必要があります。

 

債務整理の重要性

複数の消費者金融から借金をして、返済に困っている人が少なくありません。このような多重債務を解消するためには、1日でも早く債務整理の手続きをすることが必要です。なぜなら、1日たてば1日分の利息が発生するからです。

 

多重債務者が債務整理してみると、実は過払い金が多くて、手元にいくらか戻ってきたというケースも少なくありません。まだ借金があると思っていたのに、手続きしてみたら借金が消えただけでなく、お金が戻ってくるのですから一刻も早く手続きしたほうが得というものです。専門家に依頼して債務整理の手続きをすると、返済額を確定するために債権者からの請求が止まりますし、利息の再計算により負債額は確実に減ります。債権者からの請求が止まり月々の返済額が見直されれば、債務者も再出発がしやすくなります。

 

任意整理以外の制度にはどんなものがある?

自己破産

自己破産とは裁判所に、すべての借金を法的になくしてもらう(免責してもらう)という方法です。以降、借金を返済しなくてもよくなりますが、20万円(現金は99万円)を超える財産を処分しなくてはならない等というデメリットもあります。また、借入の内容がギャンブルや浪費による場合には、免責が認められない場合もありますが、これもケースバイケースで認められる場合もあります。戸籍に記載されたり、勤務先に影響があることなどはありませんから、まずは自己破産の分野を得意とする弁護士に相談するのがよいでしょう。
借金が原因で家族離散や果ては犯罪にまでかかわってしまう場合があります。また、思い詰めて自ら命を絶つ悲劇もあります。しかし、法律上認められた制度を活用して、もう一度出直すチャンスは誰にでも与えられているのです。

 

個人再生

自己破産の場合には、原則として不動産を処分しなければなりませんが、個人民事再生は、裁判所に借金返済が困難であることを認めてもらい、一定の要件を満たせば、持ち家を残したまま、住宅ローン以外の借入金を大幅に減額(およそ5分の1)してもらうことができるものです。住宅ローンを除く借入金の総額が5000万円以下で安定した収入が見込まれる場合に利用できる制度です。
原則3年間、特別な事情がある場合には5年間の分割返済となります。個人事業者を対象とする「小規模個人再生」、給与所得者を対象とする「給与所得者等再生」があり、手続きや減額の大きさなど、ケースバイケースです。