借金生活にさようなら!任意整理の教科書

債務整理で失敗しないために

個人が債務整理をしようとまで思うに至った事情は様々です。
借金の金額、内容、収入の多少、不動産をもっているか等々、いろいろな条件によって債務整理の方法が異なってきます。任意整理、民事再生、自己破産、それぞれのメリットデメリットを理解し、その人に合った方法を選ぶことが重要です。そのためには、まず、自己のおかれている状況を適切に把握し、この分野を得意としている専門家に相談することが必要です。
収入の額、収入は事業によるものか、給料なのか、どの金融業者からいくら借りているのか等です。中には、日々の返済に疲れて借入金の額が分からない場合もあるかもしれません。それでも、どこから借りているのかを伝え、元金の額を調べてもらうこともできます。

 

世の中には、法律を知っていれば起きなかった悲劇が沢山あります。確かに、今までは敷居が高くて弁護士等に相談しづらいような雰囲気もありました。しかし、常識による思い込みであきらめてしまっていても、実際相談してみれば、なんだ、法律ではそうだったのか、という場合も少なくありません。早めの相談が助けになることは間違いありません。

 

 

専門家に相談するメリット

借金をすること自体に問題があるわけではありません。
しかし、どのような理由で借金をしたかにかかわらず、返済が滞っているようであればそれは大きな問題へと発展していく可能性があります。できるだけ早く対策を採れば、解決への選択肢も多くあり、早く軌道を修正していくことができます。

 

多くの場合、返済が難しくなった時点で債務整理を行なう必要性が生じます。大切な段階として、どの方法が良いのか、債務整理の方法を選択する必要が生じます。個人で情報を集めて決定することもできますが、方法を決めたなら多くの場合は専門家の援助が必要になります。そうであれば、最初から専門家と共に事を進めていくことに大きな利点があります。多くの事務所では初回の相談を無料で受け付けてくれますので、利用できる機会を最大限に活用してください。

 

 

専門家の違い 弁護士と司法書士

債務整理を行うには基本的に専門家に相談して行う事が一般的と言われています。ただ専門家を雇わずに自分で行う人もいるようです。専門家とは弁護士と司法書士ですが、この二つの職種はどう違うのでしょうか?

 

費用面で言えば、弁護士が少し高いとの声が多いようですが、これはピンからキリまでありますので、色々と調べて納得出来るまで比較検討して見る事が大切です。ただ依頼した内容について弁護士、司法書士では動ける内容に少し違いがあります。弁護士は、総債権額140万円を超える債務に対しても交渉権や訴訟代理権があり、集団訴訟や慰謝料等の請求の訴訟上の事に関しても動けます。これに対して司法書士は、140万円を超えると交渉権や訴訟代理権はありません。これらの違いは認識しておく必要があります。